一年後に見る日記

この日記を一年後に読む。

疲労傘

今日は昼に起きて、昼から兄とカラオケに行った。

いつもは時間延長するくらい長く歌うけど、今日は時間途中で退室。疲れていたから。

 

その後、御茶ノ水へ。

雨だったからだろうけど街がガランとしていた。

人もいないし薄暗い。

パンデミックが起きた後の世界みたいだ」とか「ディストピアみたい」とか兄とずっと妄想の世界を広げていた。疲れていたから。

 

目的地の本屋では特にイベントがなかったので割愛。

 

問題は帰り。

さしていた傘が少し風が吹いた瞬間、突然バキャバキャに壊れた。

本当に微風くらいだったのに。

傘も疲れていたのか。

傘よ、安らかに眠れ。アーメン。