一年後に見る日記

この日記を一年後に読む。

麻薬的

今日は朝から「フクロウの声が聞こえる」を聴いた。聴きながら歯磨きをして、制服に着替えて、家を出た。

 

頭の中で曲を流しながら自転車に乗り、授業を受け、先生から文化祭まであと少ししか時間がないという説明を聞いた。

 

そんな文化祭の準備が今日は2時間もあった。

その2時間の間に僕は大道具担当になった、そして役者になった。

その場にいても意味不明だったのに文にすると余計に意味がわからない。

 

家に帰って「フクロウの声が聞こえる」を聴き、テレビを見て、「フクロウの声が聞こえる」を聴いて、コンビニ行って、「フクロウの声が聞こえる」を聴いた。

一日中フクロウの声を聞いていた。

何度聞いても飽きない。

聴くたびに興奮が高まる。

もはや麻薬。

 

広告を非表示にする