一年後に見る日記

スマホで見ると大変見やすい。

元旦の夜中の正月

晦日だった。で、元旦になった。

元旦って日の出以降というイメージが強い。じゃあ日が昇るまでは何なんだと言われると、ただの夜中。

 

ところで…

ドラマとかで「平成最後の〜」とか「平成が終わるってのに〜」みたいな事を言ってるのを見ると、ほのかにメタフィクションの香りを感じる

こっちの、みてる側の世界と作中世界で、ある程度重なったことが起きているのか。と思う。(この場合は天皇生前退位)。違和感を覚える。

しかし、作中で天皇生前退位したとかそういうことは明言されない。

というか、作中世界で平成が終わるのは本当に天皇生前退位によってなんだろうか。私が勝手にそう思ってるだけじゃないか。本当は作中世界で平成が終わるのはもっと別の事情じゃないのか?まず、元号のシステムがこっちの世界と同じかも怪しい。

まぁ、でもある程度、設定は共有してないとなにもかも始まらない。

 

なぜメタフィクションの香りを感じるかというと、元号が変わるのを私が時事ネタとして見てしまっているからだろう。

アパマンショップが爆発した話がドラマに出てきたら、たぶん割と多くの人が違和感を覚えるはずだ。それと同じ。でも、元号が変わるのは時事ネタじゃないらしい。ふ〜ん。